スポンサード リンク

国際電報を送りたい

NTTには、国際電報のサービスがありません。国際電報は、KDDIで送ることができます。
KDDIの国際電報サービスを利用する場合、電話かFAXで申し込みをすることができます。申込みの受付時間は、9時から17時までです。国際電報の申し込みをFAXでする場合は、KDDIのホームページより専用の申込用紙をダウンロードします。

ホームページには、文例集もあるので、利用すると便利です。国際電報では、使用できる文字や記号に制限があるので申込前に確認する必要があります。送り間違いがないように、電話でもFAXでもハッキリと伝えることが大切です。申込みが完了すると、KDDIより内容の確認と料金案内の連絡があるので、内容を確認し了解した時点で、正式に申込受付完了となり国際電報が発信されます。もし内容確認の連絡がとれない場合、1週間程の保留期間の後キャンセルとなり電報は発信されません。

国際電報の料金は、宛名・本文・差出人名の単語数で決まります。単語は、10文字までごとに1語として計算され、1語の料金は国際電報を送る地域によって異なります。料金の支払いは、国際電報の発信ごとにKDDIより請求があります。振込用紙は、利用月の翌月中旬に手元に届きます。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。